<HOME>
<ご挨拶>
<会社概要>
<沿革>
<環境への取り組み>
<事業所紹介・設備リスト>
<沿革>
昭和31年 故坂本久雄により個人営業として発足
35年 資本金100万円にて(株)坂本ハガネ商店を設立
43年 福生営業所開設
46年 福生営業所敷地内に工場を新設
同時に当社の直系加工会社(株)明和産業を設立
50年 業績の伸展に伴なって数度の増資を行なった後、2,000万円に増資する
51年 IBM社製オフィスコンピュ−タを導入
52年 藤沢営業所開設
53年 三次元測定機、真円度測定機(タリロンド200)を導入し、精度の向上に努める
54年 オフィスコンピュ−タの大型化を図り、本社と各営業所、工場間をオンラインで結ぶ
57年 藤沢営業所および工場を新設し、営業所を移転し大型モ−ルドベ−ス分野に進出
58年 東京中小企業投資育成株式会社の資本参加により4,000万円に増資
59年 福島営業所開設
61年 福島工場生産開始、自動倉庫建設・設備増強
63年 (株)坂本ハガネ商店をサカモト・ダイテム(株)に改称
同時に(株)明和産業をサカモト・ダイテム精機(株)に改称
平成 4年 福島部品倉庫建設・FMS無人化ライン設備
6年 大坂営業所開設
9年 各工場に2次元CAD/CAMを導入、藤沢第二工場開設
11年 入れ子加工用設備(CNC精密4面直角出し研削盤他)を導入し、入れ子標準規格
“コアダイス”を販売開始
銅平板ワイヤーカット用を規格化した“S−CUP”を販売開始
15年 高速加工機V55、藤沢工場に3次元CAM(ツールズ)を導入
16年 福生・福島工場に3次元CAM(TopS0lid)を導入
17年 仕上げ用高速加工機 安田工業製 YBM−950V3
               オークマ製  MB−56VA  を導入
18年 3次元CADデータによるモールドベースの受注開始
19年 牧野フライス製 A77−8Pを導入
3次元CADデータによるプログラム自動作成システムが完成
20年 3次元モールドベース元年
21年 門型マシニングセンタ オークマ製 MCV−AU
横中ぐりフライス盤   倉敷機械製 KBT−UZ  を導入
24年 資本金8,000万円に増資

お問い合わせ トピックス 製品情報 モールドベース ご挨拶 サイト利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ