<HOME>
<3次元対応>
  1. 3次元への取り組み
  2. 金型業界の環境
  3. お客様のメリット
  4. 当社のメリット
  5. 現在の対応CAD
  6. 今後の検討課題

<全加工モールドベース>
<加工の標準化提案>
<標準モールドベース>
<特殊モールドベース>
<大型モールドベース>
<精密モールドベース>
<ダイカスト金型用ベース>
<中国製モールドベース>
<サカモトの3次元対応>

1. 3次元への取り組み

昨今客先よりモールドベース手配を3次元CADデータのみで発注できないかとの問い合わせが、増加してきています。
モールドベースの3次元化は、金型メーカーの構造設計時間の短縮になるばかりではなく、モールドベースの短納期・低価格にも有効であると考えています。
よって私たちサカモトは、平成16年にトップソリッドを導入し、3次元CADデータのみでモールドベースを受注できる生産体制の構築に積極的に取り組んでまいりました。
現在では、トップソリッドデータでは加工プログラムの自動化を実現し、短納期化・品質向上に貢献しております。またパラソリッド等のデータでも2次元データよりも効率的にプログラム作成が可能となり、支障なく対応が可能となりました。

まだまだ3次元CADCAMは進歩しており、今後更に有効な機能が開発されることと思いますが金型メーカー殿およびCADCAMベンダー殿と協力して、いま以上に短納期・品質向上・低価格化に努力する所存です。
3次元CADデータのみで発注を検討されているお得意様におかれましては、お気軽にメ−ルあるいは電話・FAXにてお問い合わせ下さい。早々に担当エリアの営業が、ご連絡のうえご説明に伺わせて頂きます。

CAMスタッフ
3DCAM操作
CAMスタッフ
3DCAM操作


お問い合わせ トピックス 製品情報 モールドベース ご挨拶 サイト利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ