<HOME>
<3次元対応>
  1. 3次元への取り組み
  2. 金型業界の環境
  3. お客様化メリット
  4. 当社のメリット
  5. 現在の対応CAD
  6. 今後の検討課題

<スライドコア>
<新鋼種のご案内>
<サカモトの3次元対応>

1. 3次元への取り組み

昨今客先より3次元CADデータのみで発注できないかとの問い合わせが、増加してきています。
エンドユーザーでは、ほとんどの製品データが3次元化されてからすでに十数年が経過しています。
金型のアジア圏での生産が増加するなか、アジア圏での金型メーカーではCADを導入する時期にすでに3次元CADが開発されていたため、2次元CADは使用せずにいきなり3次元CADを導入することとなりました。
ここで重要な点は、CAD/CAMベンダーが2次元CADのソフト開発から3次元CADのソフト開発に移行しており、今後の金型用3次元CADにおいては、金型の構造設計も含めた設計時間が短縮される設計支援ソフトが開発され、それらの活用によって金型の大幅な設計時間短縮が予想されることであります。

よった私たちサカモトは、今後3次元CADデータのみで受注できる体制が必要になると考え、積極的に取り組んで来ております。
まだまだ3次元CADに対するノウハウは完全ではありませんが、全社一丸となって短納期・品質向上に努力する所存ですのでよろしくお願い申し上げます。
3次元CADデータのみで発注を検討されているお得意様におかれましては、お気軽にメ−ルあるいは電話・FAXにてお問い合わせ下さい。早々に担当エリアの営業が、ご連絡のうえご説明に伺わせて頂きます。




お問い合わせ トピックス 製品情報 モールドベース ご挨拶 サイト利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ