加工の標準化提案

ポケットコーナーR

 モールドベースにおけるポケット仕上げ加工のコーナーR寸法を、加工深さに対して標準化することをご提案申し上げます。
 
 今回のご提案は、ポケット形状によりA形状とB,C形状に分け、それぞれに対して最大加工深さに対する推奨コーナーRお よび最小コーナーRを設定しました。
 
 当然のことですが、加工Rが小さくなり深さが深くなりますと、加工は非常に難しくなります。
 また工具代もレギラーサイズに比べてロングサイズは高くなり、加工時間も長くなってしまいます。
 
 よって当社は納期・品質・コストの面で、加工深さに対して、出来るだけ推奨コーナーRで指示頂くことをお願い致します。
 ただし構造上、推奨コーナーRより小さいRが必要な場合は、最小コーナーRまで対応いたします。また最小コーナーRより小 さいRが必要な場合は、当社営業にお問合せ下さい。
 
 下記に各ポケット形状に対する仕上げ加工の推奨コーナーRの表を示しますので、よろしくご協力お願い申し上げます。
 また表だけを印刷可能にしてありますので、設計部門にて寸法決定の参考資料としてご活用頂ければ幸いです。
 

TOP